Български (ブルガリア語)
<< トップページに戻る  | 領事窓口・生活関連情報 | 在外選挙 | 在外選挙人名簿への登録申請
 

在外選挙

在外選挙人名簿への登録申請

在外選挙人証の記載事項の変更

在外選挙人証の再交付

投票の方法

在外選挙人名簿への登録申請

  • 申 請 人:本人又は同居家族(注)
    (注)同居家族とは、在留届の氏名欄及び同居家族欄に記載されている方(日本国籍者のみ)のことをいいます。 
  • 登録資格:満18歳以上(注)の日本国民で、ブルガリア国内に3ヶ月以上お住まいの方(但し、公民権を停止されていない方)
    ☞2007年1月1日から、滞在期間が3ヶ月未満の場合でも登録申請ができるようになりました。但し、受け付けた登録申請は暫くお預かりし、3ヶ月住所要件を満たした時期に改めて確認の上、登録手続を進めることとなります。
    (注)公職選挙法の改正により、2016年6月19日より、選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられました。
  • 必要書類:
    (1)在外選挙人名簿登録申請書
    (2)ブルガリア国内に3ヶ月以上滞在していることを証する書類(公共料金の請求書、住宅賃貸借契約書等。但し、3ヶ月以上前に在留届を提出されている場合は不要です)
    (3)登録申請者本人の旅券、または日本やブルガリア政府・地方公共団体が交付した顔写真付の身分証明書(外国人登録証、運転免許証等)
    (4)同居家族による申請の場合は、上記(1)~(3)の書類に加えて、同居家族の方の旅券、登録申請者本人による申出書
  • そ の 他:
    (1)「在外選挙人名簿」に登録されると、日本の選挙管理委員会から「在外選挙人証」が交付されます。「在外選挙人証」は実際に投票を行う際に必要となりますので、大切に保管しておいて下さい。
    (2)日本を出国する際に転出届を提出されていない場合には、引き続き日本国内に住所があると認定されるため(注)、「在外選挙人名簿」に登録することができません。
    (注)転出届を提出されていない場合には、引き続き「日本国内の選挙人名簿」に登録されることになるため、海外で投票することはできません。
    (3)日本国籍を喪失した場合や、日本に(一時)帰国して転入届を提出してから4ヶ月を経過した場合には、自動的に「在外選挙人名簿」の登録は抹消されます。このため、日本に一時帰国した際に転入届を提出された方は、改めて登録申請を行って頂く必要があります。