大使挨拶

本欄に画像を表示

  在ブルガリア日本国大使館ホームページをご覧の皆様、
 
  9月10日に駐ブルガリア大使として当地に着任しました渡邉正人です。
 
  日本とブルガリアの関係は伝統的に良好であり、政治・経済・文化等様々な分野で活発な交流が行われてきました。この度、ここブルガリアで勤務できることを大変喜ばしく、また光栄に思っております。政府間の交流はもちろん、経済交流、学術・文化交流、地方連携、そして2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたスポーツ交流の促進など、あらゆる分野で二国間の交流が更に発展するよう、全力を尽くしたいと思います。
 
  また、ブルガリアは、日・EUという枠組みにおいても、共通の基本的価値及び利益を共有する重要なパートナーです。国際社会が様々な挑戦に直面する中、二国間そして国際社会における一層の連携強化を図っていく所存です。
 
  最後になりましたが、当地在留邦人の皆様や、旅行、ビジネス等で短期滞在をされる日本人の皆様が安心してお過ごしいただけるよう、安全情報の発信を含め、各種行政サービスの提供に努めて参ります。
 
  日本国大使として、これまでの経験を生かし、日本とブルガリアの更なる友好関係の深化・発展のために尽力いたしますところ、宜しくお願い申し上げます。
 
2017年9月
駐ブルガリア共和国特命全権大使
渡邉正人
略歴

わたなべ まさと
 渡邉   正人

宮城県仙台市出身昭和55年   4月     外務省入省
平成11年 8月      欧亜局東欧課長
平成13年 3月      欧州局ロ シア課長
平成13年 7月      経済協力局技術協力課長
平成14年 8月      経済協力局有償資金協力課長
平成15年 8月      経済協力局政策課長
平成16年 8月      在インドネシア大使館 公使
平成19年11月     大臣官房参事官(国際協力局兼南部アジア部)
平成21年 7月     (独)国際協力機構 総務部長
平成23年 9月     (独)国際協力機構 理事
平成25年10月     在サンフランシスコ総領事
平成27年 7月      在バングラデシュ特命全権大使
平成29年 9月      現職